検索

ヴィオラ

実は私、ヴィオラも弾きます🎻

大学時代に副科で履修したのがキッカケですが、最近たまたまヴィオラでお仕事を頂き演奏して来ました。

久々に弾くと、改めてヴィオラも良いなぁと感じます😊🎶

昔からヴィオラの先生に、私の大柄な体格 (笑) や性格から、ヴィオラに向いてると勧誘されたり、副科ヴィオラの試験で演奏した際はヴァイオリンの教授陣から褒めて頂いたり… (あくまでヴァイオリン専攻なので、少し複雑…。笑)

そんなこんなで、細く長くヴィオラもかじっています💡

留学中は楽器を日本に置いていたので長く離れていましたが、どうやら本場の「ヴィオラの音」は耳に残っているようで、以前より弾いていて楽しいです🎶

---------------------------------------------------------------------------------------------

さて出遅れましたが、ここでヴィオラを知らない方もいらっしゃると思うので簡単に楽器について説明したいと思います💡

見た目はヴァイオリンとほぼ一緒なのですが、ヴィオラの方が少し大きく、音域が少し下がります。写真は私のヴァイオリンとヴィオラです。↓



ヴァイオリンがソ・レ・ラ・ミの音の4本の弦が張ってあるのに対してヴィオラはその5度下。ド・ソ・レ・ラの4弦になります。

また、楽譜にも違いがあるんです。ヴァイオリン譜がト音記号で表記されているのに対して、ヴィオラはハ音記号表記になります。



ヴィオラには規定のサイズが無いため、楽器によってサイズは様々。大きい方が、よりふくよかなヴィオラらしい音が鳴ってくれます。

-------------------------------------------------------------------------------------------------

見た目は似ていますが、性質は対照的とも言えるこの2つの楽器。

ヴァイオリンは超絶技巧の曲もたくさん書かれているため、華やかさや技巧を求められるシーンが多いですが、ヴィオラは深い音色や味わい深さが求められるように思います。

パッと目立つ楽器では無いですが、一度ハマると病みつきになる、、なんだか名脇役のような。笑

そんな独特の音色・魅力があると思います✨ ちなみに私は決して超絶技巧が得意なプレーヤーではないため、たまにヴィオラを弾くと心が落ち着き良いリフレッシュにもなります🍀笑

さて、今年は珍しくヴィオラのお仕事が他にも予定されてます。(コロナでまだどうなるか分かりませんが…💦)

すぐにソロ演奏を披露とまでは行きませんが、これを機にヴィオラにも少しずつ取り組み、いつかソロもお聴き頂ける機会が出来たら良いなぁと思います😊



#ヴィオラ #ハ音記号 #副科ヴィオラ #ヴァイオリン #深い音色 #ふくよか #ヴィオラ演奏


​©︎Koga Satoko 2020
当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。